ストーリーに戻る

キャセイパシフィック航空 2019年7月から香港/シアトル線を毎日1 便へ増便

好調な需要を背景に運航体制を増強

2018年12月5日水曜日 — キャセイパシフィック航空は2019年3月31日に開設する香港/シアトル線を、2019年夏より毎日1便へと増便します。これにより、活気に溢れる米国西海岸の都市シアトルと香港を直行便で結ぶ唯一の路線として、より多くのフライト選択肢と、さらなる利便性を提供します。

 

2019年3月31日に週4便体制で運航開始する香港/シアトル線は、好調な需要を受け、2019年7月1日から毎日1便へと増便します。新たに加わるのは香港を月・水・金曜に出発するフライトで、シアトルからは翌日のそれぞれ火・木・土曜の出発となります。

キャセイパシフィックが保有する最新鋭機のエアバスA350-900型機によって運航される香港/シアトル線は、米国においてキャセイパシフィックが旅客便として乗り入れる8番目の都市となります。キャセイパシフィックは現在、香港とボストン、シカゴ、ロサンゼルス、ニューヨーク(JFK)、ニューヨーク(ニューアーク)、サンフランシスコ、ワシントンDCの各都市を結んでいます。

 

2019年7月1日からのキャセイパシフィックによる香港/シアトル線の運航スケジュール(増便となる曜日は太字)は以下のとおりとなります(時間は全て現地時刻):

 

便名

出発地

到着地

出発時刻/到着時刻

運航日

CX858

香港

シアトル

23:55/21:00

・火・・木・・土・日曜

CX857

シアトル

香港

01:00/05:10+1

月・・水・・金・・日曜