ストーリーに戻る
キャセイパシフィック航空 香港/シアトル線を開設

キャセイパシフィック航空 香港/シアトル線を開設

2019年3月より“エメラルド・シティ”へのノンストップ便を運航

2018年7月24日火曜日 — キャセイパシフィック航空は2019年3月31日に香港/シアトル線を開設します。目覚しい成長を続ける米国西海岸のこの都市と香港を直行便で結ぶ、唯一の航空会社となります。

 

キャセイパシフィックのルパート・ホッグ最高経営責任者は「シアトルには最新鋭機であるエアバスA350-900型機によって運航しますが、これは香港とそれまで結ばれていなかった主要都市への運航を、エアバスA350型機により拡充させていくという私どもの拡大戦略を明確に示すものであり、これによりアジアで最も革新的な都市のひとつである香港と、先進テクノロジーの発信地が繋がることになります」と述べています。

 

キャセイパシフィックグループは、かつてないペースでネットワークを広げており、今年に入ってすでに9 都市への新規就航を発表しています。

 

ホッグ最高経営責任者は「香港/シアトル線の開設によって、お客様の利便性が向上し、選択肢が増えることをとても嬉しく思っております。香港とシアトルの間にはビジネス、貿易、文化の面で強い繋がりがあることからも、新路線にはビジネスとレジャーの双方でかなりの需要が見込まれています」

 

「私どもは米国におけるプレゼンスを増強してまいりましたが、シアトル線の開設は北米市場への私どものコミットメントを改めて示すものであるとともに、アジア最大の航空輸送拠点である香港の地位向上に一層寄与するものとなります」と加えています。

 

週4便で就航するシアトルは、米国においてキャセイパシフィックが旅客便として乗り入れる8番目の都市となり、北米全体では10番目となります。キャセイパシフィックは現在、香港とボストン、シカゴ、ロサンゼルス、ニューヨーク(JFK)、ニューヨーク(ニューアーク)、サンフランシスコ、トロント、バンクーバーを結んでおり、2018年9月15日にはワシントンDCにも就航します。

 

香港/シアトル線を利用する乗客の皆様には、キャセイパシフィックが保有するエアバスA350-900型機による上質な空の旅をお楽しみいただけます。エアバスA350-900型機は最も静かでかつ最も環境にやさしい航空機で、快適な座席と最新の機内エンターテイメントシステム、そして機内Wi-Fiがビジネスクラス、プレミアム・エコノミークラス、エコノミークラスの全クラスに装備されています。

 

美しい自然に囲まれた活気溢れるビジネス拠点

米国第4の輸出市場であるシアトルは、急成長するスタートアップ企業の活気に満ちた先進テクノロジーの発信地です。アマゾン、マイクロソフト、スターバックスといった世界的企業が本社を構えるのに加えて、世界最大の航空宇宙産業メーカーであるボーイング社のお膝元としても知られ、近隣の都市エバレットには民間航空機の生産拠点があります。

 

シアトルは年間を通じて豊かな緑に恵まれていることから“エメラルド・シティ”と称され、旅慣れた観光客をも大いに楽しませます。人口約75万人を擁するシアトルにはアウトドア愛好者を魅了して止まない美しいハイキングトレイルが点在し、街のシンボルであり多くの恋愛映画の舞台にもなっているスペース・ニードルの展望台からは、ピュージェット湾、ワシントン湖、レーニア山の絶景が楽しめます。

シアトルには多彩な食文化を楽しめるスポットも数多く存在し、街の中心部の活気溢れるパイク・プレイス・マーケットでは新鮮なシーフードを満喫できます。博物館やアトラクションも充実しており、シアトル子供博物館やウッドランドパーク動物園、シアトル水族館、有名な航空博物館など、家族で楽しめる観光施設が揃っています。

 

2019年3月31日に開設する香港/シアトル線の運航スケジュールは以下のとおりとなります(時間は全て現地時刻):

 

便名

出発地

到着地

出発時刻/到着時刻

運航日

CX858

香港

シアトル

23:55 / 21:00

火・木・土・日曜

CX857

シアトル

香港

01:05 / 05:25+1

月・水・金・日曜