ストーリーに戻る
キャセイパシフィック航空 新機材エアバスA321neoでの旅客便運航を8月4日発の香港~上海便からスタート

キャセイパシフィック航空 新機材エアバスA321neoでの旅客便運航を8月4日発の香港~上海便からスタート

世界一快適な近距離路線サービスの提供を目指し

キャセイパシフィック航空(本社:香港、最高経営責任者:オーガスタス・タン)は本年8月4日より、最新機材エアバスA321neoを使用した旅客便の運航を、香港〜上海(上海浦東国際空港)路線のフライトを皮切りに開始します。同月の終わりまでに、香港から広州、杭州、南京、青島、高雄、台北への路線でも導入予定となります。

キャセイパシフィックはすでに4機のエアバスA321neoを保有していますが、2021年後半にはさらに2機を追加で受領し、2023年末までには合計16機を保有する予定です。同機材の座席数は、ビジネスクラス12席、エコノミークラス190席の合計202席となります。

弊社のエアバスA321neoは、燃費効率が良く以下のような斬新な機内設備を搭載し、これまで以上に質の高いフライト体験を提供します。

  • 座席周り:弊社が新たに開発した「リージョナルビジネスクラス」の座席を初めて導入します。新世代のシェル型デザインのリクライニングシートには、プライバシーを最大限に確保できるよう、隣の座席との間に仕切りを設け、充実の機内エンターテインメントをお楽しみいただける4Kの超高解像度パーソナルTV(16.5インチ)を設えています。また、エコノミークラスの座席には、11.6インチの4KパーソナルTV、リクライニング
    機能、快適なシートクッション、調整可能なヘッドレストを完備しました。
Story image
  • 機内エンターテインメント: エアバスA321neoとしては世界の航空会社で初めて、4Kの超高精細なスクリーンを全座席に導入します。ビデオ・オン・デマンドで4K画質を体験できると同時にBluetooth経由でのオーディオストリーミングもお楽しみいただけます。フライト中にお客様のBluetooth対応ヘッドフォンを使って、4Kでハリウッドの人気作品の数々を観ることができます。そのうえ、短・中距離路線用のナローボディ機としては、充実した新しいコンテンツセレクションを備え、最大規模の映画・テレビ番組のライブラリーを用意しています。また、飛行中もEメールを読んだり、ご家族やご友人と連絡を取ったりできるよう、高速Wi-Fiサービスも完備しています
Story image
Story image
  • 手荷物収納スペース:すべてのクラスに新たに特大の頭上収納スペースを設け、機内持ち込み手荷物の収納スペースを約60%増やしました。
  • 燃費効率: 機内における快適さに加え、同機材はこれまで以上の燃費効率を誇ります。エレガントなデザインのウィングチップと燃費効率に優れたLEAPエンジンを装備することで、以前のエアバスA321機と比較において、温室効果ガスの排出量を1席あたり22%削減することが可能となりました。また、既存の航空機よりも騒音が約15%少なくなっています。

弊社では、乗客の方の安全を確保し、安心してご旅行いただけるよう、フライトの全行程にて徹底した衛生および安全対策を講じる「キャセイケア」プログラムを実践しています。具体的な施策としては、可能な限り清潔な空気を確保するハイテク空気清浄フィルター(HEPA)の導入、出発前の全フライトの機内消毒を徹底する厳格な消毒・洗浄プログラムなどが含まれます。

「今後より多くの旅客サービスを導入する予定のこの地域において、新世代のエアバスA321neoを来月デビューさせられる事をとても楽しみにしています。弊社にとって最新保有機材となるナローボディのエアバスA321neo機は、乗客の皆様に世界で最も快適で楽しい短距離路線のフライト体験を提供すべく、多様な新機能を備えたデザインとなっています。今後より多くの短・中距離路線に同機材を導入し、お客様をお迎えできることを楽しみにしています。」(キャセイパシフィック航空の最高経営責任者、オーガスタス・タンのコメント)

弊社のエアバスA321neo機材の詳細については、https://www.cathaypacific.com/cx/en_HK/flying-with-us/aircraft-and-fleet/airbus-a321neo.htmlをご覧ください。

※ 段階的に導入予定。