ストーリーに戻る

キャセイパシフィック航空とキャセイドラゴン航空 2018年12月1日から2019年1月31日発券分の燃油サーチャージについて

2018年10月18日木曜日 — キャセイパシフィック航空とキャセイドラゴン航空は、2018年12月1日から2019年1月31日発券分(再発券も含む)で日本発の旅程における燃油サーチャージについて、日本-香港、及び日本-台北間は現行額を据え置き、長距離路線、及びその他の路線は現行額から変更することを発表しました。

 

2018年12月1日以降の燃油サーチャージは1人1区間あたり、以下の通りです(政府認可済)。

 

区間

変更前

変更後

日本-香港、及び日本-台北間

3,000円

3,000円(変更なし)

長距離路線(香港-南西太平洋、北アメリカ、ヨーロッパ、中東、アフリカ、南アジア亜大陸方面)

9,000円

10,000円

その他の路線

2,000円

2,300円

 

 

キャセイパシフィックグループ

キャセイパシフィックグループは、東京(成田・羽田)、大阪、名古屋、福岡、札幌、沖縄の日本6都市7空港と香港を結ぶ路線で毎日20便以上(台北経由便を含む)のルート最多便数を運航しています。「心からのおもてなし」をモットーに、英スカイトラックス社による「ワールド・エアライン・アワード」では最多受賞記録となる過去通算4回の「エアライン・オブ・ザ・イヤー」に輝いています。