ストーリーに戻る
キャセイパシフィックグループ 徳島/香港線を開設

キャセイパシフィックグループ 徳島/香港線を開設

キャセイパシフィックグループとして日本で7つめの就航都市に

2018年9月3日月曜日 — キャセイパシフィックグループは、2018年12月19日、四国の徳島と香港を結ぶ新たな路線を季節運航で開設します。徳島はキャセイパシフィックグループの日本で7都市目の就航地となります。

徳島と香港を結ぶノンストップ便は、2018年12月19日から2019年3月30日までの期間、キャセイドラゴン航空のエアバスA320型機により週2便体制で運航されます。

キャセイドラゴンではこれまで、徳島への観光需要が高い時期に香港発着のチャーター便を運航してきましたが、今回の定期便就航は人気が高まる四国地方、ならびに日本市場全体に対するキャセイパシフィックグループのコミットメントを改めて示すものとなります。

キャセイパシフィックグループは現在、東京(成田・羽田)、大阪、名古屋、福岡、札幌、那覇の日本6都市7空港と香港を結ぶ路線で毎日20便以上(台北経由便を含む)を運航しており、7都市目となる徳島への就航は、日本への新たな旅行先の選択肢を提供します。また、四国からの旅客には香港を拠点に世界各地へと広がるキャセイパシフィックグループのネットワークを通じて豊富な旅行選択肢が提供されます。往路の到着地と復路の出発地が異なる旅程(オープンジョー)の航空券を利用すれば、香港から徳島に入り帰国は日本国内の他の就航都市から、またはその逆といった旅程も可能です。

キャセイパシフィックのカスタマー&コマース最高責任者であるポール・ルーは、「香港と日本の各地を結ぶ路線の業績は大変好調です。美しくダイナミックで豊かな文化が息づく日本で、新たな都市に就航できることを嬉しく思います」

「これまで香港と結ばれていなかった都市へのネットワーク拡充は、アジア最大の国際航空輸送拠点である香港の地位向上に寄与するとともに、新たなビジネス創出の機会をもたらします」と述べています。

キャセイパシフィックグループでは今年に入って、香港とブリュッセル、コペンハーゲン、ダブリン、南寧、済南の各都市を結ぶ路線をすでに開設しています。年内にはワシントンDC(9月15日)、ダバオ、メダン(ともに10月)、ケープタウン(11月)の各都市に就航します。

 

海外からの旅行客が注目する美しい自然景観に出会える四国

海岸線が美しく、風光明媚な山脈が東西を貫く四国は、海外のアウトドア愛好家にはよく知られています。特にドライブしながら日本の地方都市の探索を楽しむ旅行者の間で人気があります。上質な波でサーファーを魅了する海岸部には国内屈指のサーフポイントが点在する一方で、白く泡立つ急流を下る吉野川でのラフティングは大変人気の高いアクティビティとして知られています。

また、日本最大の常設展示スペースを有する大塚国際美術館や、四国に数多く点在する神社仏閣巡りなども人気です。四国と言えば全国的に知られる徳島ラーメンや、脂肪が少ないフリーレンジ(放し飼い)の「阿波尾鶏」料理をはじめとしたご当地グルメも評判です。獲れたての新鮮なアワビや海老が味わえる四国南岸部も、多くの観光客の人気を集めています。

2018年12月19日から2019年3月30日まで季節運航する徳島/香港線のスケジュールは以下の通りとなります(時間は全て現地時刻)。徳島発香港行きの航空券は、キャセイパシフィックのウェブサイトと全国の主要旅行会社およびカスタマーセールスセンター(0120-46-3838)にて販売しています。

便名

出発地

到着地

出発時刻到着時刻

運航日

KA 322

香港

徳島

09:3014:00

水・土曜

KA 323

徳島

香港

16:3020:10

水曜

KA 323

徳島

香港

17:0021:00

土曜