ストーリーに戻る

キャセイパシフィックのフライトで より多くの獲得マイルと特典交換の座席を提供

2018年5月29日火曜日 —  

利用客の旅行体験向上のため、アジア・マイルの特典プログラムを改定

キャセイパシフィックグループのマイレージプログラムであるアジア・マイルは、来る2018年6月にプログラムを改定します。キャセイパシフィック航空及びキャセイドラゴン航空が運航する大多数のフライト利用に際して、従来よりも多くのマイルを獲得することが可能になるとともに、フライト特典交換がより利用しやすくなります。

キャセイパシフィックのカスタマー&コマース最高責任者であるポール・ルーは、「この度のプログラム改定は、いつもご利用いただくお客様を大切にし、価値ある旅行体験の提供に努めるというキャセイパシフィックグループの姿勢の表れです。私どもはお客様の声に耳を傾け、キャセイパシフィックとキャセイドラゴンを頻繁にご利用いただくお客様に対して、感謝の気持ちを伝える方法を模索し続けています。アジア・マイルの提携航空会社として、今回のプログラム改定でフライト特典交換をさらに利用しやすいものへと進化させます。私どものフライトをご利用いただく際には、お客様の旅行体験が楽しく、思い出深く、価値あるものになることを願っています」と述べています。

 

アジア・マイル会員からの声に基づいた今回のプログラムの改定は以下のような内容で、2018年6月22日より発効となります。

 

フライト利用でより多くのマイルを獲得

利用客はキャセイパシフィック及びキャセイドラゴンの大多数(80%)の航空券で、従来よりも多くのアジア・マイルを獲得できるようになります。これには香港と上海、大阪、ロンドンなどの各都市を結ぶ人気路線も含まれています。獲得マイル数は利用する客室クラス、予約クラス、距離ゾーンの組み合わせに基づいて算出されます。

 

2018年6月22日以降の旅行で、6月21日までに発券された航空券については、改定前または改定後の獲得アジア・マイル数のうち、いずれか多い方のマイル数が積算されます。

 

例えば、エコノミークラス(予約クラス:S、 N、Q)で香港からシドニーへのフライトを利用した場合、従来の2倍以上のアジア・マイルを獲得できます。また、香港からロンドンへファーストクラス(予約クラス:F、A)を利用した場合には、従来と比べ約30%多くのマイルを獲得できます。

 

フライト特典の改定で特典交換の席がより利用しやすく

特典交換で利用できる座席数を従来と比べて20%以上増やすとともに、フライト特典の種類を拡充し、より柔軟に利用客のニーズに対応します。

 

プログラム改定により、全てのエコノミークラスのフライト特典交換が、従来と同じ、またはより少ないマイル数で可能になります。例えば、フライト特典で香港/シンガポール間を往復する際に必要となるマイル数は、改定前より3分の1少なくなります。

 

なお上位クラス、特に長距離路線のフライト特典交換には、従来よりも多くのマイル数が必要となりますが、同時に従来よりも多くのマイルを獲得できるようにもなります。例えば、香港/ロンドン間をファーストクラス(予約クラス:F、A)で利用した場合、これまでより約30%多いマイル数(往復で5,330マイル増に相当)を獲得できるため、同じ路線と予約クラスの往復分のフライト特典で必要となるマイル数を、従来よりも約3回少ない旅行で獲得することができます。

 

また、全てのフライト特典を片道設定とすることで、往路と復路で異なる客室クラスの利用が可能になるなど、よりフレキシブルにフライト特典交換を利用できます。

 

さらに、フライト特典のオンライン予約システムを刷新し、予約手続きがより簡単にそして便利になります。

 

今回のアジア・マイルのプログラム改定は、キャセイパシフィック及びキャセイドラゴン便の全距離ゾーンでのクラブ・ポイント獲得増加(一部料金クラス)やグリーン会員の更新条件緩和を行った、先ごろのマルコポーロクラブのプログラム改定に続くものです。

 

アジア・マイルの改定に関する詳細は、www.cathaypacific.co.jpで案内しています。